発表会 イベント コンクール 活動





発表会は1年半から2年に一度行っています。希望者はコンクールやグレードにも参加しています。発表会ではソロ、連弾、合奏と一人三回舞台でパフォーマンスをします。なるべく緊張しないように合奏や連弾を先に披露するなどして、ソロを後にするといった工夫もしています。(先にソロが良い方は希望をききます)連弾は先生と一緒に弾く場合もありますが、生徒同士、兄弟姉妹、ご家族と演奏することをおすすめしています。





グループ発表ではストーリーを作って曲を表現したり、一つの曲を移調したりペンタトニック(5音)、ブルース、モードにかえての演奏やバリエーション(変奏)をおこなって一人ずつ普段勉強しているクラス授業を発表会バージョンで披露します。また、バイオリン、フルート、サックス、マリンバ、和太鼓などのゲストと一緒に合奏をしてきました。今回はDTMを使った合奏に挑戦します。











お友達との連弾〜







〜クリスマスイベント〜



クリスマスには英語の先生とコラボして音楽と英語を同時に学ぼう!というイベントを行いました。英語の先生に歌詞をつくってもらい、私が曲をつけてうたも歌いました。










〜イクフェスにてプロモーション〜




東京ビックサイトで行われた雑誌FQ主催の『イクフェス』でペースメソッドのワークショップを2年連続行いました。

多くの方にご参加いただき、ペースメソッド研究会の冊子にも記事を書かせていただきました。